「LINEを使った災害情報共有実験」の参加者を募集!!~25年目の、1分ボランティア~


神戸市は、「AI防災協議会」の自治体会員として、LINEチャットボットによる情報共有システムの開発を支援しています。
 阪神・淡路大震災から25年を迎える令和2年1月17日には、このシステムの市民参加型の実験を行います。実験参加者には、阪神・淡路大震災のアーカイブスから写真などを取り込んで送っていただくことで、当時を知っている人は当時を思い起こし、当時を知らない人には学ぶ機会になればと考えています。
 25年前を振り返るだけではなく、ICT技術を活用した新たなシステムを、市民の皆さんとともに創りあげていくこの企画。過去と未来をつなぐ、震災25年のシンボルイベントにぜひご参加ください。

PAGETOP