「LINEを使った災害情報共有実験」の参加者を募集!!~25年目の、1分ボランティア~



神戸市はLINEを活用した災害時情報共有システムの開発を支援しています。
阪神・淡路大震災から25年を迎える令和2年1月17日、このシステムの市民参加型の実証実験を行います。
上の緑のボタンから、災害用AIと「友だち」になると実証実験にご参加いただけます。
実験参加者には、AIからの問いかけに対し、阪神・淡路大震災の写真などを送っていただきます。
システムが大量の情報を処理できるか等を実験すると同時に、実験参加者は地図上で、報告されたまちの状況を確認できます。
過去と未来をつなぐ、震災25年のシンボルイベントにぜひご参加ください。
※1.17実証訓練 操作手順書
※参考動画
※阪神・淡路大震災アーカイブス(写真はこちらから取得できます)
※御存じ?災害の時のSNS心得5ヵ条

PAGETOP