避難情報の名称や考え方が変わります!

 避難情報の名称や考え方が変わります!

令和3年5月20日に、「災害対策基本法等の一部を改正する法律」が施行され、避難情報の名称や考え方が変わりました。
神戸市では引き続き、住民の皆さんが適切な避難行動をとれるよう、適切なタイミングで分かりやすい避難情報の発信に努めていきます。

1.避難情報等の名称や考え方の変更
(1)警戒レベル3の名称変更(【避難準備・高齢者等避難開始】 → 【高齢者等避難】)
・高齢者等に避難を求める情報であることが分かりにくかった。
 ⇒文字数を少なくして分かりやすく変更しました。

(2)警戒レベル4を一本化(【避難勧告】・【避難指示(緊急)】 → 【避難指示】)
・これまでの「避難勧告」「避難指示(緊急)」の意味の違いが住民に理解されていなかった。
・勧告と指示の両方が警戒レベル4に位置付けられ、分かりにくかった。
 ⇒「避難指示」に一本化しました。

(3)警戒レベル5の改訂(【災害発生情報】 → 【緊急安全確保】)
・「災害発生情報」は住民が取るべき行動が理解されていなかった。  
 ⇒「立ち退き避難」から「緊急安全確保」への行動変容を呼び掛ける情報に変更しました。
・市町村が災害の発生を把握できず発令しにくかった。
 ⇒災害が発生していなくても、災害が切迫している状況で市町村が発令可能となりました。

(4)ガイドライン全文及び関係資料
内閣府ホームページに、ガイドライン全文及び関係資料が掲載されていますので、ご参照ください。

2.神戸市における情報発信時の取り扱い
避難情報等の発令時に、警戒レベルと避難情報・緊急安全確保を合わせて情報発信します。
【発信例】 
「警戒レベル3(高齢者等避難)」
「警戒レベル4(避難指示)」
「警戒レベル5(緊急安全確保)」

PAGETOP