春に多くなる黄砂について

今冬の気温は、12月下旬以降、平年を下回る傾向が続き、東・西日本では寒冬となりました。しかし、3月も半ばを過ぎ日増しに気温も上昇し春らしい気候となってきました。
春になると、見通しが悪くなり、時には空が黄褐色に煙り、車や建物に黄色い砂がうっすらと積もることがあります。これは「黄砂」と呼ばれ、春が来るたびにおなじみの風景ですが、黄砂による健康被害も危惧されていることから、今回は「黄砂」について説明します。

詳しくはこちらをご覧ください。

PAGETOP