弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について

ロシアのウクライナ侵攻など、国際情勢は緊張の度合いを増しています。また、今年に入ってから、北朝鮮の弾道ミサイル発射事案も増加しています。
神戸市では、令和4年2月15日に、市内47カ所の地下施設を新たに国民保護法に基づく緊急一時避難施設として指定しています。
弾道ミサイルは、発射から10分以内で到達する可能性があります。ミサイルが日本に落下する場合は、「Jアラート」により皆さんのスマートフォンに緊急速報メールが届きますので、速やかに避難行動や身を守る行動をとってください。
詳細は以下のページをご覧ください。

・神戸市国民保護のページ
・内閣官房国民保護ポータルサイト
・地下施設の緊急一時避難施設指定(神戸市HP)

PAGETOP